歯周病は、歯をささえる歯肉やその周辺組織が炎症を起こし、悪化すると歯槽骨が溶け、歯を失うことにもなる病気です

日本人にもっとも多い病気、それは歯周病かもしれません。 厚生労働省の「歯科疾患実態調査」によると、歯周病は25~34歳の若い世代ですでに約80%、45~54歳の中年層では88%もの人にその兆候がみられます。これほど歯周病の人が多いのに、それがどんな病気なのかはあまり知られていません。これは歯周病が初期には痛みもなく、歯肉(歯茎)がちょっとはれたり、歯磨きのときに少し出血する程度なので、そのまま…

続きを読む

コンポジットレジンは硬質レジンとも言い、歯科用プラスチックの一種です

食事中に急に奥歯が欠けたことはありますか? よほどの硬いものを噛まない限り、適切に噛み合わせたなら健康な歯は欠けることはありません。このような咀嚼による欠損には、空洞化した虫歯が隠れている可能性があります。中が虫歯になっている歯は欠損のおそれがあるため、検査で状態を確認し、虫歯の大きさに合せた治療が必要になります。欠損が小さなときはインレーにて治療することが可能です。欠損が大きい時はクラウンで…

続きを読む

30代の8割が歯周病といわれ、40歳以降の抜歯の原因の9割が歯周病です

歯周病は、目に見えない歯肉の溝の中に起こり、初期・中期には痛みをあまり感じず、気づかないうちにどんどん進行していきます。  痛みや腫れの症状が出てきた時には末期になっています。それまではほとんど自覚症状がありません。  30代の8割が歯周病といわれ、40歳以降の抜歯の原因の9割が歯周病です。  歯周病菌は全身疾患(がん、高血圧、糖尿病、心疾患、肺疾患、動脈硬化、早産など)を引き起こす可能性…

続きを読む