毎日の歯磨きや歯科医院でのクリーニングで改善します

歯周病(歯槽膿漏)は大きく分けて、歯肉炎と歯周炎にわけられます。日本人の場合、歯肉炎は10~20代前半ですでに60%の方がかかっているといわれ、50才代でおおよそ80%の人がかかっているといわれるほど、多くの方が悩んでいる歯の病気です。だれもがかかっている病気だからといって軽視していると最後には取り返しのつかないことになってしまう怖い病気です。 ハンドピース 歯肉炎 歯肉部分に炎症が起こっ…

続きを読む

一度溶けてしまった骨を元に戻せない【歯周病予防】

歯肉炎 歯と歯ぐきの間にある溝にプラーク(歯垢)がたまると、歯ぐきに炎症が起きます。炎症とプラークにより溝が大きくなり、歯周ポケットができます。この段階では、歯を支える歯槽骨は悪くなっていません。 http://yoboushika.hamazo.tv/ 【治療】 3か月に一度の定期検診を行い、ブラッシングで改善します。歯石がついている部分は歯石を除去します。歯科衛生士が行う専門的な歯の…

続きを読む

歯を磨いても、なぜ虫歯になってしまうのでしょうか?

虫歯は、ミュータンス菌(虫歯菌)の作る酸が歯を溶かすことで発症します。菌の住みかとなるプラークを毎日のブラッシングでしっかりと取り除き、虫歯を予防することが大切です。ただし、「ブラッシングさえしておけば安心」というわけではありません。咬み合わせに乱れがある場合、きちんとブラッシングしていても虫歯にかかりやすくなってしまうことがあるのです。 http://blog.goo.ne.jp/geena…

続きを読む