歯周病の進行はわかりにくく、多くの方はかなり進んでから歯周病に気づくことがほとんどです

歯を失う原因の第一が虫歯ではなく歯周病だということをご存じですか?  そして、その原因がプラークだということもご存じですか?プラークはブラッシングで取り除くことができますが、完全に除去することは難しく、磨き残しがあると徐々に石のように硬くなり、歯石となってこびり付きます。そこに歯周病菌が棲み付くと、毒素を出して歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)を深くしていき、歯ぐきに炎症を起こして歯を支える顎の骨…

続きを読む

8020運動(はちまるにいまるうんどう)とは、満80歳で20本以上の歯を残そうとする運動のことです

この運動は、厚生労働省や日本歯科医師会により、推進されております。 20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができるとされています。では現実はどうでしょうか?北欧では8020がごく一般的になっているにもかかわらず、日本では「予防歯科」という概念が遅れているため、 全国調査では1人平均40歳代で3本、50歳代で5本、60歳代で12本、70歳代で20本、80歳代で24本の歯を失っているとい…

続きを読む

日本は「歯周病大国」と呼ばれており、30代の約8割が歯周病だといわれています

歯周病とは歯と歯ぐきのすき間にできる『歯周ポケット』に細菌のかたまりである汚れがたまってしまい、歯肉が炎症を起こす病気です。虫歯と違い、徐々に進行してしまって、症状もあまり無いまま気づけば歯を抜かなくてはならない程ひどくなってしまうこともある恐ろしい病気です。日本は「歯周病大国」と呼ばれており、30代の約8割が歯周病だといわれています。 バイオフィルムと歯周ポケットの関係 軽度の歯周病 …

続きを読む