歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています

歯周病は、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で、治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともあるこわい病気です。30歳以上の多くの方々がかかっており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。 歯科レントゲン 歯肉(歯ぐき)と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があります。歯みがきを怠るとこのポケッ…

続きを読む

超音波スケーラーやハンドスケーラーなどの特殊な器具を用い、歯周病菌の棲み家であるプラークと歯石を徹底的に取り除く「スケーリング」を行います

歯質が溶かされる虫歯に対し、歯を支える歯槽骨(しそうこつ=顎の骨)が溶かされていくのが歯周病です。歯周病は、日本人の成人のうち約8割が罹患しているか、その予備軍と言われている感染症で、大人ならほとんどの方が注意したほうがよいお口のトラブルです。歯周病は、初期段階では自覚症状がないので、気づかない間にどんどん進行していくため、異変を感じた時にはかなり重症化しているというケースが少なくありません。最…

続きを読む

主にプラークや歯石が原因で症状が現れます

歯茎が腫れる、歯茎から血や膿(うみ)が出る、歯がグラグラする、等の症状は歯周病です。重度になると歯が抜け落ちてしまうこともあります。主にプラークや歯石が原因で症状が現れます。 ハンドピース 症状が軽い場合は、歯石を除去や歯ブラシの練習などで改善されますが、症状が重い場合、歯石の付着が多い場合は、麻酔をして歯と歯肉の境目深くに入り込んだ歯石の除去が必要になります。治療後も歯周病の進行を予防する…

続きを読む