歯周病とは歯周病原因菌による細菌感染のことをいい、以前は歯槽膿漏と言われていました

歯周病による炎症は、細菌性プラーク、細菌が出す毒素、硬化沈着物(歯石)が直接的な原因となります。しかし現在では患者さんの健康状態、遺伝子構成、生活行動などがその発症に大きくかかわると考えられております。細菌性プラークが多量に沈着していても患者さんの免疫力があれば歯周病にならない場合もあります。歯周病はその進行程度により大まかに、歯肉炎と歯周炎に分けることができます。 超音波スケーラー 歯肉炎…

続きを読む

歯周病とは、歯垢や歯石などで繁殖した歯周病菌により、歯周組織が破壊される病気です

歯周病とは、歯垢(プラーク)や歯石などで繁殖した歯周病菌により、歯周組織(歯茎、歯根膜、歯槽骨など)が破壊される病気です。歯周病の多くははっきりとした自覚症状がないまま進行し、徐々に重症化していきます。重症化すると、歯茎の腫れ、出血を繰り返し、やがては歯槽骨(歯を支える骨)が溶けて歯が抜け落ちてしまう場合があります。 オートクレープ 現在、日本の成人の80%以上が、何らかの形で歯周病にかかっ…

続きを読む

「歯ぐきの腫れ」「出血」などからはじまる歯周病

歯周病の直接的な原因となるのは、プラーク(歯垢)や歯石に棲みつく歯周病菌。では、歯みがきをきちんとやっていれば歯周病にならないのかといえば、そうともいえません。 ご自宅での歯みがきは歯周病予防にとても大切ですが、歯と歯ぐきの間などにどうしてもプラークが残ってしまうことがあり、自分自身で完璧に行うのには限界があります。 エアーモーター 残ったプラークが時間の経過によって歯石となると、もう自分…

続きを読む