痛みを感じる時点で虫歯は進行しています

虫歯は、虫歯菌がお口の中の糖分を分解して「酸」を出し、その酸が歯を溶かす病気です。歯の表面のエナメル質は硬いので、ごく初期の段階では「しみ・痛み」などの症状はありませんが、ある程度進行すると自覚症状が現れます。治療をして虫歯の進行を止めないと、どんどん悪化してしまうので、「痛み」を感じたらできるだけ早く歯科医院に行きましょう。 マイクロスコープ 歯科 虫歯は放っておくとどんどん進行し、神経に…

続きを読む

最後には歯が抜けてしまう

歯を失う原因の多くは「むし歯」と「歯周病」です しかも、どちらの病気も細菌が原因で発症する病気です。テレビCMで「プラ―クコントロール」とか「歯垢を落としましょう」などと耳にしたことはありませんか?プラ―ク(=歯垢)とは、お口の中にいる細菌の塊です。「むし歯」の場合には、むし歯菌により歯が溶解し穴があいてしまいます。これに対して「歯周病」の場合には、歯周病菌が歯ぐきに付着して歯肉炎を発症します…

続きを読む

矯正が必要な場合についての紹介

下顎前突(受け口) 下顎前突とは、下顎が上顎よりも前方に出ている状態のことで、受け口とも言われます。前歯でうまく食べ物を噛むことができず、消化不良の原因となります。治療法としては、下顎の奥歯を抜歯したり、矯正で歯の角度を戻したりします。 生体情報モニター 上顎前突(出っ歯) 上顎前突とは、上顎が下顎よりも前方に出ている状態のことで、出っ歯とも言われます。唇が閉じにくいため歯肉が乾燥するの…

続きを読む