歯周病は歯周病菌の感染によって起こります

歯周病とは、歯ぐきやあごの骨の組織が炎症を起こし、進行すると歯が抜ける恐れもある病気。初期症状では、歯ぐきの腫れや出血などが見られます。日本人の成人の約8割が歯周病、もしくは歯周病予備軍であるとも言われています。基本的には、プラークや歯石(プラークが固まった状態)を除去することで歯周病を治療します。症状が悪化した歯周病の場合には、外科手術を行い歯ぐきを切開して、歯の根元にあるプラーク・歯石を取り…

続きを読む

歯周病を治す為には、炎症の原因である細菌の減らすことに尽きます

歯周病は日本の成人の10人中、7~8人がかかっている、もしくは予備軍であると言われている病気です。にもかかわらず、この事実があまり知られていないのは、「歯周病にかかっていること」を認知していない人が多いからでしょう。歯周病は初期の自覚症状に乏しい病気です。知らぬ間に感染して、症状に気づいた頃にはかなり重症になっていることも珍しくありません。具体的な症状としては、まず歯ぐきに炎症が起きて血が出たり…

続きを読む

現代人の歯を喪失する主な原因は、歯周病と言われております

歯周病は、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で、治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともあるこわい病気です。30歳以上の多くの方々がかかっており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。 ハンドピース 歯肉(歯ぐき)と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があります。歯みがきを怠るとこのポケット…

続きを読む