歯周病は、お口の中の細菌が原因で起こる、歯および歯ぐきなどの病気です

歯周病には歯槽膿漏などがあり、歯槽膿漏は歯ぐきの炎症から始まり、やがてアゴの骨が溶け、最終的に歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。歯周病の症状や進行状況も人によって違うものです。患者さんの状態から、最適な治療プランをご提案いたします。 http://saka-1991.blog.jp/ 自覚症状がほとんどない そのうえ、統計的に見ても歯周病によって4割もの歯が失われています。 歯周病にも程度…

続きを読む

「歯みがきした際に出血があった……」「歯茎が腫れている……」それは歯周病のサインかもしれません

歯周病とは細菌によって起こる感染症です。まず、お口の中の歯垢(プラーク)に棲みつく歯周病菌が歯茎に炎症を起こします。その炎症が広がると歯と歯茎の間の歯周ポケットが深くなります。そして歯を支えている歯周組織や歯槽骨(顎の骨)を溶かしていきます。そして、最終的には歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。 生体情報モニター 「歯を失う恐ろしい病気です」 初期症状がほとんどないので、気づいたときにはかな…

続きを読む

「親知らず」とは、20歳前後になると生えてくる奥歯のこと

現代人は食生活の変化により古代人より顎が小さい傾向にあり、親知らずが生えてくるスペースが足りません。そのため、親知らずは本来、普通の奥歯だったのですが、歯ぐきの中に埋まったままになったり異常な生え方をしてしまったりと、さまざまな問題を起こしてしまうようになったのです。 歯科 ユニット 親知らずを抜いた方がいい理由 ・生え方によって歯磨きができない箇所がでてきて、虫歯・歯周病になりやすい …

続きを読む