歯科治療は「悪くなってから」から「悪くならないために」へ

予防歯科の先進国スウェーデンでは、80歳の歯の残存本数が20本と、日本とは大きく異なります。この違いはどこからくるのでしょう?それは、歯医者へ通う目的が違うからです。日本では、「歯が痛くなってから」通う人が多いのに対し、北欧では、「歯が痛くならないよう」通う人がほとんどです。歯の残数は、食事や会話に差がでる他に、身体全体のバランスや健康に大きく影響するため、日々の生活に大きな違いがでてきます。 …

続きを読む

歯周病による炎症は、細菌性プラーク、細菌が出す毒素、硬化沈着物(歯石)が直接的な原因となります

しかし現在では患者さんの健康状態、遺伝子構成、生活行動などがその発症に大きくかかわると考えられております。細菌性プラークが多量に沈着していても患者さんの免疫力があれば歯周病にならない場合もあります。歯周病はその進行程度により大まかに、歯肉炎と歯周炎に分けることができます。 予防歯科について その一方で、いくら一生懸命にブラッシングを行っていてもどうしても磨き残しが出てしまう部分があり、こ…

続きを読む