歯周病は何歳ぐらいから起こるものですか?

歯周病は成人してから起こるものと思われていますが、実は歯周炎の前段階とも言える歯肉炎は幼少期から起こりうるものなのです。 また歯周炎は、痛みなどの自覚症状がほとんどないために発見が手遅れになることもしばしばです。歯周病を予防するためには、毎日の歯みがきと歯科医院での定期検診が重要です。 ハンドピース 歯槽膿漏と歯周病は違うものですか? 同じものです。これまで、歯の周辺の歯肉が腫れ、膿が出…

続きを読む

親知らずによって引き起こされるトラブル

親知らずがまっすぐ生えてきて、綺麗に磨ける場合は、特に問題にならない事もあります。しかし、親知らずによって何らかのトラブルが生じる場合には、抜歯が必要になります。 超音波スケーラー むし歯 親知らずが斜めに生えてきたり、途中までしか生えて来ない場合は、歯ブラシが届きにくく、むし歯になりやすくなります。また、親知らずと手前の歯(第二大臼歯)の隙間に汚れがたまりやすくなり、手前の歯がむし歯にな…

続きを読む

美しさに焦点を当てた、総合的な歯科治療のことを、審美治療と言います。

歯全体のバランスや口元との調和まで、トータルの美しさを作り出して行きます。とは言っても、単に見栄えを良くするだけではありません。従来の歯の機能面を優先させた上で、更に美しさを追及していきます。 歯を美しくするメリット 歯の見栄えを良くすることで、全体的な顔の印象が格段に良くなります。また、単に印象を良くするだけでなく、患者様のコンプレックスを解消することができます。 コンプレックスを解消…

続きを読む