歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を破壊してしまう疾患です

歯周病により歯の周りの組織が壊れると、虫歯のない歯でも抜けてしまいます。歯周病とは、骨を溶かしてしまう病気なのです。厚生労働省のデータによると歯周病の罹患率は、25歳~34歳で75%、35歳以上で80%です。歯周病が怖いのは、初期の段階では症状が出ないこと。歯ぐきが腫れたり、歯茎から出血したりなどといった症状が出たときには、病気はだいぶ進行していて、気が付いたときには手遅れで歯を失うことになった…

続きを読む

最近、テレビのCM等でよく聞く歯周病。歯周病とは一体どの様な病気なのでしょうか? 最近、テレビのCM等でよく聞く歯周病。歯周病とは一体どの様な病気なのでしょうか? 最近、テレビのCM等でよく聞く歯周病。歯周病とは一体どの様な病気なのでしょうか? 最近、テレビのCM等でよく聞く歯周病。歯周病とは一体どの様な病気なのでしょうか?

歯周病は歯を支える骨(歯槽骨)が溶ける病気です。主な原因がプラーク(歯垢)、歯石です。 成人の8割の人が歯周病に罹っていると言われ、生活習慣病の一つとして捉えられています。歯周病は、自覚症状がないため、発見が遅れることが多く、気付いたら手遅れになる怖い病気なのです。歯周病の治療は進行具合によって、歯石をとる治療と、悪くなった歯茎、溶けた骨を改善する治療に分けられます。そして、治療が一段落しても家…

続きを読む

歯周病は近年、生活習慣病として位置づけられ、若年層でも歯周病を発症する人が増加しています

歯周病(歯槽膿漏)の大きな原因は食べカスを栄養源とする細菌です。清掃不良部位の細菌の増殖によるものがほとんどで、一度歯周ポケットを形成するとブラッシングのみでは除去できません。空気を嫌うこの細菌は歯の根の方向に深く進もうとする傾向があります。こうして歯を支える健康な繊維や骨を破壊していきます。 http://yaplog.jp/zetashika/profile/ 初期検査 精密な検査をし…

続きを読む