歯周病は恐ろしい病気です

歯周病は、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともある怖い病気です。30歳以上の多くの方々がかかっており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。  ハンドピース 歯肉(歯ぐき)と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があり、歯みがきを怠るとこのポケットにプラ…

続きを読む

歯周病は歯の周りの骨が溶ける病気で、かつては歯槽膿漏という名で知られていました

歯周病の怖いところは、初期や中期の段階では痛みなどの症状がほとんどなく、かなり進んでいても歯ぐきに腫れが見られたり多少出血する程度で、ほとんど自覚症状がない点です。 http://yoboushika.blog.wox.cc/ 強い痛みを感じたり、歯に空いた穴を舌で触ることができたりというわかりやすいサインのある虫歯とは異なり、違和感を感じて歯科医院に来院された時にはすでに手遅れになっている…

続きを読む