75歳では約6割の方が中程度から重度の歯周病にかかっています

2005年の厚労省・歯科疾患実態調査によれば、日本人の約8割が歯周病にかかっており、その中で45歳以上では約4割の方が中程度から重度の歯周病といった結果がでております。年齢が上がるにつれその割合は増え、75歳では約6割の方が中程度から重度の歯周病にかかっています。 歯科材料 歯周病は細菌による感染症です。歯周病は、歯の周囲の汚れのなかに含まれる細菌の毒素の影響で、歯ぐきに炎症が起きて、腫れた…

続きを読む

歯周病を理解し、早めに処置・定期健診を継続して歯周病を予防しましょう

歯周病は、プラーク(歯垢)のなかに潜む歯周病菌が炎症を起こし、歯周組織(歯肉や顎の骨など)を破壊してしまう病気。日本人の約8割が歯周病患者か、あるいはその予備軍であると言われており、「歯を失う理由」では虫歯を押さえて第1位というデータもあります。歯周病は、初期症状として歯ぐきから血が出たり腫れたりしますが、症状の進行が遅いことや、この段階では痛みがほとんどなく気が付きにくいのが特徴。しかし、痛く…

続きを読む

日本人が歯を失う理由で多いのは虫歯と歯周病

これらを予防すれば、歳を重ねても健康な口腔内でいることができます。実際、定期検診や歯科医院でのクリーニングの習慣がある方とない方では、70歳時の歯の本数が倍以上違うそうです。ご自身の歯を長く使い続けるためには、歯科医院での予防処置が必須なのです。 歯科治療器具 【予防歯科の重要性――「予防歯科」って、どんなことをするの?】 虫歯や歯周病は、初期段階ではほとんど自覚症状がありません。知らない…

続きを読む