「歯周病」は言葉のとおり歯の周りの歯肉や歯を支える骨を襲う病気です

私達の歯の表面には毎日ネバネバしたほとんど目に見えない薄い膜が形成されています。 これは歯垢(プラーク)と呼ばれる活きた細菌の塊です。歯垢がたまる と、歯の上に不潔なコーティングができ、ざらざらした感じを舌で感じることができるようになります。 歯垢の細菌は歯肉に炎症をおこす毒素を作り、この炎症 が歯周病のはじまりとなります。 悪化させる要因として、噛み合わせ・たばこ・生活習慣・食事・ストレ…

続きを読む

歯と歯の間に食べカスがたまりやすいのです

歯周病(歯槽膿漏)のもっとも大きな原因は「食べカス」です。噛むという行為が、歯にとっていかに大事です。柔らかいものだと、あまり噛まないで飲みこんでしまいますから、歯と歯の間に食べカスがたまりやすいのです。ハンドピース そして、その食べカスには栄養分がたっぷり含まれていますから、細菌にとっては恰好の栄養源になるというわけです。逆に、固いものを噛めば、歯のまわりの汚れをも一緒に取り去るという「…

続きを読む