以下チェックポイントに一つでも当てはまる場合は、歯周病のおそれがあります。

歯周病は歯の周りの骨が溶ける病気で、かつては歯槽膿漏という名で知られていました。歯周病の怖いところは、初期や中期の段階では痛みなどの症状がほとんどなく、かなり進んでいても歯ぐきに腫れが見られたり多少出血する程度で、ほとんど自覚症状がない点です。 ハンドピース 強い痛みを感じたり、歯に空いた穴を舌で触ることができたりというわかりやすいサインのある虫歯とは異なり、違和感を感じて歯科医院に来院され…

続きを読む

歯の表面を覆っているエナメル質が溶けてしまい小さな穴ができた状態です

虫歯の原因は、お口の中の細菌です。細菌は、ブラッシング(歯磨き)などで除去し切れなかった食べ物のカスを餌として繁殖し、歯垢(プラーク)を形成して歯の表面に付着します。歯垢(プラーク)は食べ物に含まれる糖を取り込んで酸を放出するようになり、この酸によって歯が溶かされた(脱灰と言います)部分を虫歯と呼びます。 ハンドピース C1(エナメル質う触) 歯の表面を覆っているエナメル質が溶けてしまい小…

続きを読む