10代や20代といった若い世代の歯周病患者が多いのも事実です

歯周病は、プラークの中に潜んでいる何十億もの細菌が原因で起こる病気ですが、この細菌たちは静かに私たちの歯や歯茎をむしばんでいきます。なので、初期段階では痛みも少なく、自覚症状も出ないため、違和感を感じたときには症状が進行していることがほとんどで、やっかいです。歯茎が腫れたり痩せたりしている方、最近口臭が気になっている方、歯を磨くと必ず出血している方などは、もしかしたら歯周病が進行しているかもしれ…

続きを読む