「歯ぐきの腫れ」「出血」などからはじまる歯周病

歯周病の直接的な原因となるのは、プラーク(歯垢)や歯石に棲みつく歯周病菌。では、歯みがきをきちんとやっていれば歯周病にならないのかといえば、そうともいえません。
ご自宅での歯みがきは歯周病予防にとても大切ですが、歯と歯ぐきの間などにどうしてもプラークが残ってしまうことがあり、自分自身で完璧に行うのには限界があります。
エアーモーター
残ったプラークが時間の経過によって歯石となると、もう自分では取り除くことはできなくなってしまうのです。またほかにも、歯ぎしりや咬みしめによって過度の力が歯ぐきにかかっている、喫煙習慣やストレス、糖尿病など、条件によっても歯周病になりやすくなります。歯周病を予防するには、生活習慣を見直すとともに、定期的に歯科医院で歯石を取り除く処置を受けることが大切になるのです。

予防歯科の役目はその名の通り、お口のトラブルや病気を「予防すること」にあります。これまで「痛くなったら歯医者に通う」というパターンを繰り返してきた方は少なくないと思いますが、「痛い→治す→原因はそのまま→また痛くなる→また治す」というサイクルを続けていると、歯質や歯周組織へダメージが蓄積し、最終的には歯を失ってしまうことにつながるのです。感染症である虫歯や歯周病の再発を防ぐには、「痛みを治す」のではなく「原因を改善する」ことが欠かせません。
パルスオキシメーター
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は、歯科衛生士や歯科医師が行う、機械を使った専門的なクリーニングです。お口の隅々までプラークをしっかり取り除けるので、毎日のセルフケア(ブラッシング)では落としきれない汚れやみがき残しを徹底的にきれいにできます。クリーニングの最後には、プラークの再付着を予防するためにプロの手で歯をツルツルにみがき上げます。

この記事へのコメント