歯周病とは、歯垢や歯石などで繁殖した歯周病菌により、歯周組織が破壊される病気です

歯周病とは、歯垢(プラーク)や歯石などで繁殖した歯周病菌により、歯周組織(歯茎、歯根膜、歯槽骨など)が破壊される病気です。歯周病の多くははっきりとした自覚症状がないまま進行し、徐々に重症化していきます。重症化すると、歯茎の腫れ、出血を繰り返し、やがては歯槽骨(歯を支える骨)が溶けて歯が抜け落ちてしまう場合があります。
オートクレープ
現在、日本の成人の80%以上が、何らかの形で歯周病にかかっていると言われています。また、歯周病は歯を失う一番の原因であるとされています。つまり、歯周病をきちんと予防することは、ご自身の大切な歯を長持ちさせることに繋がるというわけなのです。

予防歯科とは、「病気を治す」ためではなく、「病気にならないようにする」ために行われる治療です。「歯科医院は歯が痛くなってから行くところ」とお考えになっている方も多いと思いますが、歯科医院の活用方法はそれだけではありません。「歯を病気から守るための場所」でもあるのです。

PMTC
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、ブラッシングなどのご自宅でのケアだけでは落としきれない歯垢(プラーク)、歯石などの汚れを、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使ってきれいに除去するクリーニングです。PMTCを受けることで効果的に病気予防がはかれるだけでなく、タバコのヤニなどの着色汚れを落として、歯を白くきれいにすることも可能ですので、歯の色のことでお悩みの方にもおすすめです。
スリーウェイシリンジ
フッ素塗布
フッ素を歯の表面に塗布することで、歯をむし歯になりにくくします。フッ素塗布には、歯の再石灰化の作用や、むし歯の原因菌が作る酸により、歯が溶けるのを抑制する効果などがあります。年に2~4回程度定期的に塗布することで、さらに予防効果を高めることができます。

この記事へのコメント