現代人の歯を喪失する主な原因は、歯周病と言われております

歯周病は、歯を支えている周りの組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)が歯周病菌によって破壊されていく感染症で、治療をせずに放っておくと歯が揺れて噛めなくなり、最後には抜けてしまうこともあるこわい病気です。30歳以上の多くの方々がかかっており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています。
ハンドピース
歯肉(歯ぐき)と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があります。歯みがきを怠るとこのポケットにプラークがたまります。たまったプラークが歯石をつくり、すき間を押し広げていきます。これを積み重ねることで歯肉が炎症を起こします。

歯肉の炎症を放置しておくと症状はますます悪化していきます。歯周病はむし歯と違い、痛みなどの自覚症状が出にくく、気付かずに歯科医院に行かないうちに手遅れになってしまうことも少なくありません。早期発見のためにも定期健診に行きましょう。
http://kiki.jimab.net/
歯周病は痛みがないまま進行する病気ですので、すでに貴方のお口にもこの中のどこかの段階に到達している歯もあるかも知れません。放っておいても治ることはないため、早めの受診をお勧めします。

歯肉炎
歯肉溝にプラーク(歯垢)が溜まることで炎症が起き、触れるとブヨブヨしていて出血することもあります。歯磨きによってまた元の状態に戻すことが出来ます。

軽度歯周炎
歯と歯ぐきの境目の隙間が深くなり、歯周ポケットを形成します。ここに溜まったプラークが根の先に向かって炎症が拡大していきます。

中度歯周炎
炎症がさらに拡大し、歯ぐきの土台である歯槽骨も半分近くまで破壊が進み、歯がぐらつきはじめます。
光照射器
重度歯周炎
歯槽骨が半分以上破壊され、歯はぐらぐらになります。付け根がむき出しになることで歯が長く見えます。

この記事へのコメント