歯周病は歯周病菌の感染によって起こります

歯周病とは、歯ぐきやあごの骨の組織が炎症を起こし、進行すると歯が抜ける恐れもある病気。初期症状では、歯ぐきの腫れや出血などが見られます。日本人の成人の約8割が歯周病、もしくは歯周病予備軍であるとも言われています。基本的には、プラークや歯石(プラークが固まった状態)を除去することで歯周病を治療します。症状が悪化した歯周病の場合には、外科手術を行い歯ぐきを切開して、歯の根元にあるプラーク・歯石を取り除く場合もあります。
http://www.musublog.jp/blog/pinshi000/
健康な歯肉
歯肉に炎症のない状態です。プラークが付着したままになると歯肉炎へと移行します。

歯肉炎 
歯垢が歯や歯肉にたまり、歯肉の表面が炎症を起こします。歯肉の炎症だけで、歯槽骨の吸収はありません。スケーリング(歯石やプラークの除去)やブラッシングで改善します。
小学生でも半数近くは歯肉炎の傾向があります。 

歯周炎(軽度~中等度) 
細菌がポケットから侵入し歯肉の中まで破壊して、歯周炎が始まります。歯肉の炎症だけでなく、歯槽骨が吸収をはじめます。スケーリングだけではなく、SRP(麻酔下での深部の清掃)や外科手術が必要になります。成人の80%がここに含まれ、治療を行わない限り改善はしません。

歯周病(重度) 
歯はグラグラし、保存する事が困難になります。歯槽骨が徐々に溶け出し歯を支えられなくなり、最後は歯が抜けてしまいます。ここまで放っておくと、歯槽骨の吸収が激しく、義歯では快適な生活を送ることができません。また、インプラントをする際にも制約がでてきます。
オートクレーブ滅菌
歯周病の対策には、ブラッシングによるお口の中の清掃(プラークコントロール)により歯周病の原因であるプラークや歯周病菌を取り除くことが必要です。また、ブラッシングだけではみがきにくい奥歯や歯間部のプラークには、デンタルフロスや歯間ブラシ、液体ハミガキや洗口液の使用が有効です。
マイクロモーター
生活習慣も重要な危険因子なので、タバコを吸う、疲労やストレスをためる、よく噛まずに食べる、間食が多い、つい夜ふかしをしてしまうということが続かないように気をつけましょう。さらに、歯周病は全身状態とも深い関係がありますので、歯周病と全身状態の両方をうまくコントロールしていくことも大切です。

この記事へのコメント