虫歯の原因は、虫歯になりやすい質の歯・糖分・細菌の量などです

虫歯の治療は、削る時にキーンという音がして不快だったり、痛い思いをする印象があり、歯科医院から足が遠のいていませんか?虫歯は放置していても、治る可能性はとても低く、初期の段階であれば簡単な治療で終わるケースがほとんどです。虫歯がひどくならないうちに歯科医院での治療をお勧めいたします。
http://yoboushika.hamazo.tv/
虫歯とはミュータンス菌のつくる歯垢(プラーク)によって歯が溶かされてしまう病気です。虫歯は怪我などとは違って自然に治ることがなく、放っておくとどんどん悪化してしまいます。虫歯は通常、程度によってC0~C4に分類されます。
ハンドピース
C0自覚症状はなく、痛みもありません。 この段階の虫歯は適切なブラッシングと予防処置により、再石灰化して治ります。

C1痛みはありませんが、放っておくと虫歯が悪化してしまう状態です。 この段階の虫歯はエナメル質を削り、CR(コンポジットレジン)というプラスチックを詰めて治します。
オートクレーブ
C2冷たいものや甘いものを食べたり、飲んだりしたときに、しみたり、痛んだりする段階です。 治療は虫歯の部分を削り、詰め物(インレー)で保護します。

C3この段階までくると、激しい痛みを感じます。 この段階では神経をとる治療が必要となります。 神経の治療後、被せ物(クラウン)を装着するのが一般的です。

C4歯の根まで虫歯が進行すると、化膿して膿がたまったりします。 最悪の場合、抜歯が必要となります。 抜歯後の選択肢としては入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがあります。

根管治療とは?
根管治療とは、虫歯に汚染された歯髄や歯質を取り除く処置です。一般に神経を抜くなどともいわれます。かつては抜歯するしか方法がなかったような虫歯でも、根管治療によって、歯の根を残すことができます。

この記事へのコメント