日本人が歯を失う理由で多いのは虫歯と歯周病

これらを予防すれば、歳を重ねても健康な口腔内でいることができます。実際、定期検診や歯科医院でのクリーニングの習慣がある方とない方では、70歳時の歯の本数が倍以上違うそうです。ご自身の歯を長く使い続けるためには、歯科医院での予防処置が必須なのです。
歯科治療器具
【予防歯科の重要性――「予防歯科」って、どんなことをするの?】
虫歯や歯周病は、初期段階ではほとんど自覚症状がありません。知らないうちに進行し、最悪の場合には大切な歯を失ってしまうのです。

また、治療すれば治りますが、削ったり抜いたりしてしまった歯は完全に元には戻りません。これらを回避する役割を担っているのが、予防歯科なのです。予防歯科のメインテナンスは痛みがないため、怖がらずに気軽に受けていただけます。定期的なメインテナンスでお口を清潔に保って、歯の健康を守りましょう。

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」を略したもので、専用器具を用いた歯のクリーニングのことです。日常の歯みがきだけでは取りきれないプラークや歯石を除去して、虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境に整えます。
【PMTCの効果】
虫歯や歯周病の原因となる「バイオフィルム」を除去する
お口の中を清潔に保つことができる
口臭予防効果がある
歯の本来の白さを取り戻せる
超音波スケーラー
【スケーリング】歯磨きでは取れない歯石をクリーニング
毎日しっかり歯を磨いていても、汚れを完全に落とし切ることはできません。残った汚れは、歯科医院での歯のクリーニングできれいに取り除きましょう。

スケーリングは、歯科医院で処置するお口の中のお掃除です。歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる専用器具を使い、歯の表面や歯と歯の間、歯と歯ぐきの間にあるプラークや歯石を根こそぎ除去します。定期的に受けることで歯ぐきが引き締まってむし歯や歯周病の予防効果が高まります。

【フッ素塗布】歯を丈夫にしてむし歯を予防する
歯の再石灰化を促すフッ素には、高いむし歯予防効果があります。市販の歯磨き剤や洗口剤にもフッ素配合の物が多く、私たちにとっては身近な存在です。市販の歯磨き剤できちんと歯磨きをするだけでもむし歯は予防できますが、さらに歯科医院でフッ素塗布の処置を受けると、より効果的です。

この記事へのコメント