口を大きく開けると「コリッ」という音がする

顎の関節の周りで何らかの要因で痛みや機能低下が起きることを言います。治療をしないでも治る場合もあれば、治療をしなかったために慢性化してしまう場合もあります。また、悪化した場合、口があがない、顎に痛みやしびれがある、噛むと痛い、などの症状が起こり、日常生活にも支障をきたします。
ハンドピース
顎関節症の症状
口を大きく開けると「コリッ」という音がする
耳の辺りがなんとなく重い感じがする
口を大きく開けると関節が痛い
グッと噛みしめると関節が痛い
口を大きく開けられない
朝起きると口が開かなくなっていたことがある
顎がよくはずれそうになる
関節が突っ張り、口の開閉がスムーズにいかない
左右の関節の動きがずれている

生体情報モニター
急性症状と慢性症状
顎関節症の症状は個人によってさまざまですが、一般的には急性症状で口が開かない状態と、慢性的に顎が痛いという状態にわかれます。顎は肘や膝と同じように関節でてきています。骨と骨がすれ違うことによって顎がずれ「ジャリジャリ」、「シャリシャリ」という音が出て、その周りについている筋肉の緊張が始まり、硬直して口が開かなくなります。これが急性症状です。しかし1週間もすると症状は一変し、症状が治まったかのように顎の痛みがなくなることがあります。それは完治したということではなく、顎や関節の骨が変形や吸収することによって適応し、慢性的な状態になったと考えた方が正しいでしょう。自覚症状については、急性の場合はありますが、「痛いから2~3日は硬い物を噛まない」と心がけることによって慢性的になってしまいます。しかし噛み合わせが変わったわけではないので、症状の再発が起こるのです。
http://yoboushika.hamazo.tv/
スプリント治療
治療に使われるスプリントは一見どれも同じに見えますが、実はたくさんの種類があり、使い方によって関節にかかる力を減らしたり、位置をずらしたり、噛み合わせの癖をなくしたりすることができます。それをあごの状態に合わせて、また治り具合に合わせて使っていきます。2~3日で効果が出ることもあれば、何か月もかかる場合もあります。

生活習慣の改善
顎関節症は生活習慣病的な部分が大きいため、患者様ご自身が行う自宅療法(セルフケア)が重要となります。顎関節症を誘発する要因を把握しそれらを取り除くことをしなければ、根本的な治療にはならないとも言えます。顎が痛い、口が開かないなどの症状がある方は早めにご相談頂ければ、原因の特定や治療、その後の生活習慣の改善のご提案などさせて頂きます。

この記事へのコメント