お口の中で、部分的に進行するだけでなく、全体的に進行していることが多く認められます

歯周病とは、私たちが歯を失う時、一番の原因とされている病気で、成人の80%以上が罹患していると言われています。歯周病も虫歯と同様に特殊な細菌による感染症です。進行した虫歯のように、激しい痛みなどの自覚症状を起こさないため、知らない間に進行し、気付いた時には手遅れになっていることが非常に多く見られます。さらに、お口の中で、部分的に進行するだけでなく、全体的に進行していることが多く認められます。
歯科治療器具
どうして歯周病になるのでしょうか。
歯磨きなどをしないでいると、歯の表面にネバネバした白いものが作られますが、これをプラーク(歯垢)といいます。これは細菌の塊で、歯垢1ミリグラムには、細菌が1億個もいるといわれています。これが石灰化すると歯石となり歯にこびりつき、歯磨きをしても取れないくらい硬いものに変化してしまいます。この歯石が、歯周病菌の格好の足場となり歯肉に炎症を起こし、最終的には歯を支えている骨(歯槽骨)まで溶かしてしまいます。
ポータブルレントゲン
歯肉炎
歯茎が健康な状態より赤く腫れあがった状態が認められ、歯磨きをすると歯茎から出血することもあります。

歯周炎
歯肉炎の状態から進行した状態で、歯茎の赤み、腫れた状態がみられます。骨の吸収に伴い歯茎の退縮も進行します。また、重度の歯周炎では、歯がグラグラと動くようになったり、歯茎から膿がでてくることもあります。

全身の病気への影響度が高いことをしっかりと知ってほしい
歯の少ない人ほど、医療費が高いという相関関係があることが、色々な行政の調査で判っています。歯は食べ物が始めて出会う「消化器」であるだけに、歯を失うと、からだ全体に及ぼす影響が高いのです。

さらに、歯周病が全身のさまざまな病気に関わっていることがわかってきています。歯周病菌が全身の病気を引き起こす理由は、歯肉にある豊富な毛細血管にあります。歯周病原因菌が歯肉組織まで侵入してくると、豊富な血管に入り込み、血液を介入して全身にまでまわります。その結果、身体の各部にまで、病気を発症させることになるのです。

歯みがき指導
歯周病予防には歯みがきで歯垢を適切に除去することがもっとも大切です。当院では、あなたが毎日の歯みがきを効果的に行えるよう、一人ひとりのお口の状態に合わせた歯みがき方法を指導します。歯周病の原因となる歯垢を残さないクリーンなお口を目指しましょう。
スケーリング
スケーラーという機器を用いて歯に付着した歯垢や歯石を除去します。歯石を取り除くことで、細菌の繁殖を抑えます。

この記事へのコメント