成人の約8割、20歳を過ぎた方のほとんどの方が何らかの形で感染していると言われる

歯周病。
歯周病は本人に自覚がないままに進行してしまう恐ろしい病気で、痛みや腫れなど自覚症状が現れるのは末期になってから。歯がグラグラ動くようになったり、歯ぐきがはれたり、出血したり……と、重症化した歯周病が原因で歯を失ってしまう……というのは決して珍しい話ではなく、その証拠に日本人が歯を失くしてしまう原因の第1位がこの歯周病なのです。

虫歯と同様、歯周病も一度かかってしまうと自然に治ることはありませんので、歯科医院での適切な治療が必要になります。歯周病の直接の原因は歯垢、つまりバイオフィルムです。歯と歯肉の境目には歯肉溝(しにくこう)とよばれる浅い溝があり、そこにたまった歯垢中の細菌が歯周病の原因になります。
エアータービン
歯を磨くと歯ぐきから血がでる。
歯ぐきが赤く腫れている。
冷たいものや熱いものがしみる。(虫歯の可能性あり)
朝起きたとき、口の中がネバネバする。
歯と歯の間がすいて食べ物が詰まる。
歯ぐきがやせてきたと感じる。
歯ぐきから膿が出る。
口臭がある。
歯石がついている。
歯がグラグラする。

歯垢・歯石とは何ですか?
歯垢とは、歯の表面に付着する白くやわらかい沈着物のことで、これは細菌の塊です。その細菌の塊である歯垢が清掃されずに歯に付着し続けると、唾液に含まれるカルシウム成分を吸着して、石灰化して硬い物質になってしまいます。

これが歯石です。歯垢は約 2 日で歯石に変化し始めます。歯垢も歯石も口臭や歯周病を引き起こします。歯垢は通常の歯みがきで除去することができますが、歯石はセルフケアでの除去が難しいため、歯科医院で除去する必要があります。
オートクレープ

歯周病を予防するには?
歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。そのためにはまず、正しい歯ブラシの方法で毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが何より大切です。

この記事へのコメント