歯を磨いても、なぜ虫歯になってしまうのでしょうか?

虫歯は、ミュータンス菌(虫歯菌)の作る酸が歯を溶かすことで発症します。菌の住みかとなるプラークを毎日のブラッシングでしっかりと取り除き、虫歯を予防することが大切です。ただし、「ブラッシングさえしておけば安心」というわけではありません。咬み合わせに乱れがある場合、きちんとブラッシングしていても虫歯にかかりやすくなってしまうことがあるのです。
http://blog.goo.ne.jp/geenaakusesari
虫歯の原因
細菌
お口の中には虫歯や歯周病を引き起こす多くの種類の細菌がたくさん存在します。
人によって種類は異なり、数は常に変化します。
予防法
細菌の種類を変える事は出来ません。細菌を減らす為には、ご自宅の「歯磨き」と歯科医院での「徹底的なプラーク除去」です。ただし、細菌をゼロにするのは不可能です。食べた後は出来る限り丁寧に歯を磨くのが一番の予防です。


 歯の「質」は年齢、薬、生活環境、歯ミガキ、フッ素、遺伝…など色んな事が原因となり、個人的によって異なります。歯が弱くてむし歯になりやすい方もいます。
予防法
歯の質で遺伝的な、生まれつき、お薬によるものなど、改善できない事はあります。歯を強くする為には「フッ素」「ガム」などを上手く生活に取り入れましょう。
マイクロスコープ 歯科
時間
食べ物や飲み物を口にしてから歯を磨くまでの時間がむし歯の発生に関わります。
予防法
食後3分でお口の中は歯が溶けやすい酸性になります。「脱灰」のお時間が長いほど歯が溶け出し、虫歯になってしまいます。歯磨きする事で、お口の中は中性に戻り、歯は再び硬くなります。歯磨きまでの時間が短いほど、むし歯になる危険を防げる…という事です。
ユニファスト
砂糖
食べ物や飲み物の中の糖分を細菌が利用して、虫歯の原因となる成分を作り出します。
予防法
虫歯の病原菌はお口に入ってきた砂糖(糖分)を食べ、歯を溶かす毒素を分泌出来ない…と言うことになります。しかし、私たちが口にするものには殆ど「糖分」は入っているため、とらない事は不可能です。食生活の中で少しずつ工夫をしましょう。

この記事へのコメント