歯肉炎~軽度歯周炎の場合に行います。歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を取り除きます

放置しておくと歯を支える骨が吸収され、最悪の場合は歯が抜け落ちることになります 歯垢が石灰化し歯石になると、歯と歯肉の付着部分に隙間(歯周ポケット)ができます。炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います。 パルスオキシメーター 近年の厚生労働省の調査では、成人の約7割が歯周病にかかっているという結果が報告されています。 …

続きを読む

40歳以上の成人80%以上が、歯周病に罹っていると言われています

歯周病は歯周病菌による感染症ですが、歯周病菌が口の中にいても、すべての人が歯周病になるわけではありません。高血圧や糖尿病などの生活習慣病と同じように、免疫力や生活習慣などが複雑に関係していると考えられ、その人の生活習慣によって歯周病にかかりやすかったり、治療しても治りにくかったりすることがあります。歯周病をしっかり病気として理解し、常日頃からのご自身でのチェックやセルフケアをする必要があります。…

続きを読む

日本人の成人のうち約8割が患者もしくは予備軍だと言われている身近なお口の病気です

歯を失う原因というと、まず虫歯を連想される方が多いかもしれません。確かに虫歯で歯を失うこともありますが、日本人が歯を失う原因第1位は虫歯ではなく「歯周病」なのです。さらに歯周病は、日本人の成人のうち約8割が患者もしくは予備軍だと言われている身近なお口の病気です。 歯周病は歯ぐきの状態、また歯と歯ぐきの間にある溝「歯周ポケット」の深さで診断できます。歯を失う前に早期発見・早期治療が大切です。…

続きを読む