自分でできる歯周病予防法

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって起こるお口の中の病気です。歯と歯肉(歯ぐき)の境目に付いた歯垢から、歯の根っこにそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている歯肉(歯ぐき)と骨を溶かし、最終的には歯を失ってしまいます。 パルスオキシメーター この怖い歯周病は、歯を失う最大の原因であり、統計によると35歳で80%以上の人が歯周病になっているとのことです。ほとんどの方は、自分が歯周病…

続きを読む

歯周病は、歯の土台(歯槽骨や歯を支えている歯根膜など)が破壊される病気です

むし歯のように激痛があるわけでもなく、ゆっくりと進行します。その為に、患者さんがその症状を自覚するには、非常に時間がかかります。そして、歯が揺れたり、歯ぐきが腫れたりと自覚したときには、歯周病がかなり進行している場合がほとんどです。 口腔内カメラ 歯周病の原因は、口の中にいる細菌の塊、プラーク(歯垢)と呼ばれているものが直接関わっています。このプラークは歯を支えている骨を溶かしてしまう毒素を…

続きを読む

人間は年をとると、なぜ入れ歯になってしまうのでしょうか? 

しかし老化によって歯が抜けるという事実はありません。その原因の多くは、歯周病です。 歯周病は以前は「歯槽膿漏」と呼ばれていました。歯槽膿漏とは歯ぐきから膿(うみ)の出る病気という意味ですが、その他にも様々な症状があることから、今では歯周病と呼ぶようになりました。 オートクレーブ 価格 歯周病は、歯と歯ぐきの間にプラーク(歯垢)が蓄積することで、細菌が繁殖して歯ぐきに炎症を起こし、その後…

続きを読む