歯周病(歯肉炎・歯槽膿漏)は、自覚症状がなく進行する病気です

久しぶりに歯科医院に行ったら、歯周病が進行していた! というケースが少なくありません。現在、成人日本人の8割近くが歯周病だといわれていますが、1~3ヶ月に1度の定期的なメンテナンスを行なうことで防げます。自分で見つけにくいからこそ、定期検診が重要です。 マイクロモーター 歯周病は、歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎(しにくえん)と、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)が破壊される歯周…

続きを読む

歯ぐきのみに炎症を起こしている状態を言います。歯周ポケットの深さが3mm以内

皆さんご存知ですか?実は、30歳以上の人が歯を失う最大の原因は虫歯ではなく、歯周病です。自分では気づかない軽度のものを含めると、成人の8割以上の方がかかっているといわれています。 歯科 海外 通販 歯周病に好発年齢はありませんが、加齢とともに唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥し、歯周病菌が増えるのに適している環境へと変化していきます。また、歯周病はサイレンディジーズとも言われ、ひどくなるまで自…

続きを読む

全身にも悪影響を及ぼす怖い病気です

歯を失う原因のうち、もっとも多い「歯周病」。歯周病は、プラーク(歯垢)に含まれる歯周病菌によって歯ぐきに炎症が起き、放っておくと顎の骨までもが溶かされてしまうおそろしい病気です。痛みなどの自覚症状がほとんどないまま進行し、最悪の場合には顎の骨が歯を支えられなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。そうならないためには、定期的に歯周病検査を行うことと、予防に努めることが大切です。 エアーモーター 全…

続きを読む