歯を喪失する原因で多いのは、虫歯と歯周病ですが、中高年以降では、特に歯周病が、その原因となっています

成人の方の約8割が、歯周病に罹患しています。歯周病はサイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と言われ、かなり進行するまで自覚症状がありません。歯周病になると、歯と歯肉の結合が壊され、歯肉が歯から剥がれてしまい、スキマ(歯周ポケット)ができます。 ハンドピース さらに進行すると、歯を支える骨(歯槽骨)まで溶けてなくなってしまいます。歯肉からの出血、腫れ、痛みなどを繰り返し、やがて歯がグラグ…

続きを読む

お口の中の細菌は、300〜500種類存在していると言われています。

「歯ぐきが腫れて出血する」「歯がなんとなくぐらぐらする」といったことはありませんか? このような症状があらわれたら歯周病が進行している証拠。歯ぐきなど歯の周りの組織が歯周病菌によって溶けてやせてきてしまっているのです。さらにひどくなると、歯周病菌が顎の骨まで溶かし歯が自然に抜け落ちてしまうことも……。歯周病は、とっても恐ろしい病気なのです。 ハンドピース 歯周病(歯槽膿漏)の原因 お口の中…

続きを読む

予防歯科に力を入れています

虫歯や歯周病は生活習慣病といわれています。そのため、これらの病気にかからないためには、ご自身による予防と歯医者さんで行うメインテナンスがとても重要です。 痛みなどの症状が出る前に適切な処置をすれば、虫歯や歯周病は未然に防ぐことができます。当院では、お知らせのハガキをお送りして、定期的なお口のチェック、PMTC、フッ素塗布などを積極的に行っています。 オートクレープ 虫歯や歯周病の発生が予防…

続きを読む