歯周病とは、歯肉や歯周組織に歯周病歯が入り込み、炎症を起こす病気です

徐々に進行して顎の骨が溶けてしまい、歯が抜けるなどの症状をもたらします。初期の段階では自覚症状がほとんどないために気づかず、知らない間にどんどん進行していくとても静かで恐ろしい病気です。実際、日本人の成人の約80%が歯周病・歯周病予備軍と言われています。 ハンドピース 歯周病の原因は主にプラーク(歯垢)や歯石などに含まれる歯周病菌が歯周ポケットに入ることで起こります。プラークや歯石を除去する…

続きを読む

唾液に含まれている歯周病菌が、気管から肺に入り込むことで肺炎を引き起こすことがあります

定期的なメインテナンスをすることで、あらゆる面での負担を軽減できます。この数字に驚かれる方も多いと思います。なんと日本人成人の約80%の方が、何かしらの歯周病を患っていると言われています。初期の段階では痛みも少なく、自覚症状も出にくいので気づかずに放置してしまうケースもしばしば。「毎日歯を磨いているから大丈夫」「痛みを感じないから問題ない」と安心してはいけません。定期的に歯科検診を受けることで、…

続きを読む

歯に付着した歯垢や歯石から細菌が繁殖し、歯肉に炎症を起こす病気です

日本人の約8割が罹患しているといわれ、進行すると歯を支える歯槽骨を溶かして歯が抜け落ちることもあります。虫歯と歯周病は全くの別物なので、特に「虫歯になったことは1度もないから歯医者に行ったことはない」という方は要注意です。 歯周病は自覚症状がないまま進行するのが特徴なので、歯がぐらついてきたなどの異変を感じたときには、重度の歯周病になっている可能性が高いです。また歯周病菌が血液を介して全身…

続きを読む