歯周病の原因菌は、歯垢(プラーク)の中に棲み付き、増殖していきます

今まで歯科医院は、歯が痛くなってから行くものでしたが、虫歯を事前に防ぐために予防歯科をおすすめしています。 虫歯で失った歯、歯周病で溶けた顎の骨は元には戻りません。 そのため近年、歯が悪くならないように予防していく事が重要になってきました。  治療する前に予防することがこれからの歯科医院のスタンダードとなってきます。 PMTC (Professional Mechanical Tooth…

続きを読む

80歳になっても自分の歯だけで食事を楽しむことも十分に可能です

予防歯科とは、虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、なる前に予防しようとする考え方、もしくはそういった考えの元に専門的な検査や施術を行っている診療科のことです。2012年には厚生労働省が「歯科口腔保険の推進に関する基本的事項」を発表するなど、社会全体で予防歯科を推進していく動きが広まりつつあります。 予防歯科のメリット 予防歯科の主なメリットは以下の二つです。 1:健康な歯や歯茎…

続きを読む

虫歯は、俗に言う虫歯菌(ミュータンス菌)が、お口の中で繁殖することでおきます

歯科クリニックでは、そうなることを望んではいません。大切な歯を削ることになる前に、歯医者さんに定期検診を受けに行くことで、常にお口の中の状態をチェックして、お口の中の環境を保つことが大切です。当院では、患者様から虫歯になるリスクを軽減し、長くご自分の歯を守り保っていただくために、予防歯科に力を入れています。 歯を守ると言うことの意味 歯医者さんに行く場合は多くの場合、歯が痛い、歯の具合が…

続きを読む