お口の健康を守りたい方、虫歯や歯周病が治った方には予防歯科の受診をおすすめします

虫歯や歯周病にかかってから治療する方が多いと思いますが、かかる前に予防できれば治療せずに済み、治療費や通院の手間が抑えられます。また、虫歯にならなければ歯を削ることはなく、歯の寿命を縮めてしまうこともありません。虫歯や歯周病は、毎日のブラッシングだけでは残念ながら100%は防げません。ブラッシングとあわせて予防歯科を受けて、お口の健康を保ちましょう。 予防歯科の基本は定期健診と歯石除去 …

続きを読む

歯垢(プラーク)は糖分の摂取や唾液の分泌などに影響を受けています

歯周病は、歯肉で起こった炎症が徐々に広がり、歯肉や歯槽骨などの歯周組織が破壊される病気です。 しかし、歯周病の炎症は口の中にとどまらず、全身のさまざま疾患に影響を及ぼすことから、最近は予防や早期治療が重視されています。もしも、治療を受けているのに改善がみられない場合は、歯周病が原因となっている可能性があります。ここで紹介する疾患でお困りの方は、歯科検診をうけてみることも治療の足がかりになるかも…

続きを読む

歯周病は痛みが少なく、これといった自覚症状も出にくいため、軽度の場合には放置されてしまうケースが少なくありません

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌(細菌)に感染して、ひどくなると歯肉(歯ぐき)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、歯の周りの病気の総称です。 歯周病は痛みが少なく、これといった自覚症状も出にくいため、軽度の場合には放置されてしまうケースが少なくありません。「毎日歯を磨いているから大丈夫」「痛くないからむし歯はないだろう」と自己判断することなく、定…

続きを読む