歯槽骨は大きく失われ、歯はぐらぐらしてうまく噛めません

日本人の歯を失う主な原因になっている歯周病とは、どのような病気でしょうか。それは、歯と歯茎の境目につくばい菌(プラーク)がひきおこす感染症です。歯肉(歯茎)や歯槽骨(歯をささえている骨)が侵されます。重症になると、歯が抜け落ちてしまいます。歯周病には次のような歯肉炎と歯周炎があります。 歯の模型 軽度歯周炎 プラークが石灰化して歯石になり、歯肉溝にプラークや歯石がこびりついています。 歯…

続きを読む

歯周病は、歯垢にひそむ歯周病菌により歯ぐきが炎症を起こし、出血や腫れなどの症状が起こる病気です

日本人の成人のうち約8割が感染している、もしくは予備軍だと言われており、実は日本人が歯を失う原因第1位でもあります。歯周病は、虫歯同様、初期段階はほとんど自覚症状がありません。気づかぬうちに進行し痛みが出てきたころには、歯を支えているあごの骨(歯槽骨)が溶け、歯がグラグラする状態まで悪化してしまっています。そうならないよう、痛みが出る前、「歯ぐきが腫れる」「出血する」といった症状が出た時点で、早…

続きを読む

糖尿病の方への影響

歯周病とは、歯ぐきやあごの骨の組織が炎症を起こし、進行すると歯が抜ける恐れもある病気。初期症状では、歯ぐきの腫れや出血などが見られます。日本人の成人の約8割が歯周病、もしくは歯周病予備軍であるとも言われています。 エアスケーラー 歯周病の原因はプラークです。歯ぐきにプラークが付着することで、歯周病が起こります。特に歯並びが悪い場合や詰め物が外れた場合など、ブラッシングでプラークを除去しにくく…

続きを読む