歯周病の症状をチェックしてみましょう

歯を支える骨や歯茎が病気になっていくことを歯周病といいます。具体的には歯茎が炎症を起こして腫れてしまったり、出血することを歯肉炎、それがさらに悪化し、歯を支える骨が溶けた状態になると歯周炎といいます。支える歯が溶けてしまうと歯はぐらぐらしだして、根の先まで溶け切ってしまうと歯は自然に抜けてしまいます。 歯周病は初期段階では自覚症状が少ないため、気づくと手遅れだと言う場合が多々あります。 …

続きを読む

歯周病(歯槽膿漏)は、成人の約8割以上がかかっている病気です

歯周病とは、歯と歯肉の間に最近の塊が張りついたりすると、毒素を排出し歯肉に炎症が生じます。その炎症が原因で起きた免疫反応により生じた物質が歯を支えている骨を壊していく病気です。 歯周炎の発症や進行は、喫煙、糖尿病、ストレスに影響を受けるといわれています。さらに歯周疾患は糖尿病、心疾患、肺炎など高齢者の人生を左右する疾患と密接に関係しています。歯周病を改善することによって、全身疾患のリスクも軽減さ…

続きを読む

歯周病ってどんな病気?

歯周病とは、お口の中の歯周病菌が歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに入りこんで、歯ぐきに炎症を起こし、長時間そこに停滞することにより、ゆっくりと歯の周りの骨が下がってしまうことを言います。歯の周りの骨がなくなると、支えているものがなくなるので、歯はグラグラと動揺してきます。 歯科治療器具 全身疾患と歯周病について 歯周病は、お口の中だけでなく、歯周病原性細菌が血管から全身に広がり悪影響を及ぼしま…

続きを読む